GuitarFreaksXG2+&DrumManiaXG2+ Groove to Live

レベル詐称逆詐称個人差接続難について

  • レベル表記が実際の体感難易度より明らかに低い「詐称」、その逆の「逆詐称」について記述。
    • 特に顕著なものには太字で表記しています。
  • 個人的な意見で書かないこと(自分が出来るから逆詐称、自分が出来ないから詐称など)及び難所など詳しく記載すること。
    • 個人差」「接続難」についても取り上げています。
      • 個人差 - DMならLP絡みや体力譜面、GFならスライドや運指など「総合的に適正だが、○○が出来ないと閉店しかねない or ○○さえ出来れば問題ない」という特徴の強い譜面を記載して下さい。
      • 接続難 - クリアにはほぼ支障がなく適正〜やや弱めだが、フルコンボとなると途端に難易度の跳ね上がる、極端な局所難譜面を記載して下さい。
  • 難易度はフルコンボ前提では付いていません。繋がらない=詐称とはしないで下さい。
  • 他の作品と違い、旧曲は今作で復活したものも旧曲側へ記述してください。

DM

  • 今作では前作に比べLPの使用が増え、難度上昇の傾向にあります。REGULAR以下にもLP使用譜面が多く出てきますので、苦手な人はまず下位譜面もしくはオート機能を利用しての練習をオススメします。

NOVICE

  • 詐称
    • Lv2.50 牛乳特急便 -まとめきれないRomantic style- - 随所に出てくるスネア連打、そして裏バス等のバスの絡みを考えると、総合的に難しくどう考えてもLv2中盤の譜面ではない。Lv3前半レベル。
  • 個人差
    • Lv3.60 Illuminati 〜光を求める者たち〜 - このレベルにして終盤に連バスがあり、その部分で大きく難度を上げている。全体的にはそれほど密度があるわけではないが、全体的にタムが多く若干左右に振らされる譜面でもあり、慣れていない人は要注意。若干詐称気味か。
  • Lv4.20 SIX DIMENSION - 中盤に卒業黄のようなSY→HHの交互連打にバスが絡む部分があるため、苦手な人はそこで閉店する危険性がある。なお、接続難度は緑タムx2→赤タムx2等の16分タム回しがあるため若干高い。若干詐称気味とみられる。
  • Lv4.70 ゲームより愛を込めて - クリアは交互連打ができるかどうかに尽きる。接続を考えている人は高速連打にも気を付けたい。
  • Lv6.30 百鬼夜行 - 超ツーバス特化譜面。手の動きは緩くタムが一切無いなどツーバスを練習するには最適。当然、ツーバスが踏めない限りクリアはない。難度ごとに譜面傾向が異なるため、NOVICEとは考えない方が良いかもしれない。

REGULAR

  • 詐称
    • Lv3.70 ダイヤモンドロマンス - 間隔が一定でないフロアタムにバスが絡む部分や高速連打が随所にあり、このレベルにしては切りどころが多く、総合力が要求される。Lv4前半ぐらいか。
  • Lv3.70 卒業
  • Lv4.10 黒髪乱れし修羅となりて
    • どちらの譜面とも、SY+HHの交互連打にバスが絡む(HHの部分がバス)部分が多くを占めるため、個人差があるもののこのレベルでは低すぎる。とみていい。
    • 卒業は、ほぼ全部がこの手の譜面となっており、速度も若干速く曲も長いため、超詐称といって差し支えない。この手の譜面が出来ない人は赤の方がまだできるかもしれない。ゲームより愛をこめて水よりも難しく、4.8かそれ以上に位置づけられるだろう。
    • 黒髪乱れし修羅となりては前半バスが間引かれているが、後半は全HHにバスがついてくる。速度はゆるいが、油断すると一気にゲージが減り、苦手な人は即閉店も十分ありうるため、危険度が高い。おまけに、前半にLPがあり、所々にあるタムの絡む部分が叩きづらい点も要注意。4.6程度が妥当だろう。
  • Lv3.75 CROSSOVER - BPM208でのタム回しと裏バス(特に後半)が厄介。全体的にLv3台ではない配置が多く、少なくともLv4中盤は欲しい。
  • Lv3.75 たからもの - 3台にしては珍しいLP多用譜面、右足の絡みは単純だが数がかなり多いため、Lv4よりは確実に上。4.5前後だとみられる。
  • Lv3.90 Right on time (Ryu☆Remix) - 全体的に一定間隔で踏ませるバスがあり、手も多くの部分で密度が低いものの高速連打やLCとの絡みが少々難解。少なくともLv4前半は欲しい。
  • Lv5.40 X-Plan - 中盤にも短いBP-LP交互があるが、ラスト直前には6小節に渡る長いBP-LP交互地帯がある(赤と同じ)。交互踏みが出来ないと強烈なラス殺しになるため要注意。
  • Lv5.60 REALIZE - バスは省略されているものの、EXPの最後にあるシンバルとスネアの交互打ちが残っているため、強烈なラス殺しとなっている。これだけで閉店する可能性も高いので要注意。
  • Lv7.10 百鬼夜行 - ドコドコあり、16ビートあり、高速フィルありと総合力が試される譜面。とはいえ終盤、6連符メインのフィルはX-treme Grade(EXP)を髣髴とさせる難易度であり、十分ラス殺しとなり得る。
  • 個人差
    • Lv4.80 Lepton - 中盤で延々LP4分を踏まされる。スネア8分が混ざることもあり、LPが苦手な人にとってはやや厳しい譜面になると思われる。
  • Lv4.90 DESTINY - 16分でのBP→LPがサビに多数あり、難易度5前後とREGULAR、どちらの視点でもLPが多い部類の譜面となる。手が比較的単調かつ、同時気味に踏んでも繋がるため、LP慣れには良いかもしれない。
  • Lv5.75 blue moon - LPあり。LPが5.00前後のEXPの曲に比べ多く出てくる上BP等と複雑に絡むため、初見は特に注意が必要。LPに慣れていなければ苦しくなる。
  • Lv6.90 SIX DIMENSION - 中盤にLP4分刻みが表裏それぞれで出てくる。特にAgnus Dei(MAS)のようなLP裏拍地帯は手と足のシンクロを取りづらく、LPが苦手だと非常に危険。他の箇所はレベルの割に易しく、LPが出来れば稼ぎ曲の部類に入るか。
  • 接続難
    • Lv5.55 Chinese Snowy Dance - クリア難度は妥当〜逆詐欺気味の譜面だが、ラストにEXP、MASTERよりは簡略化されているもののスネアが絡むタムの発狂が降ってくることによって接続が難しい。典型的局所難かつラス殺し。慣れていないとそこだけで閉店する可能性もある。
  • Lv5.70 Illuminati 〜光を求める者たち〜 - クリア難度では支障ないが、繋ぎでは奇数の高速タム回し地帯によって若干難しくしている。

EXPERT

  • 詐称
    • Lv5.20 Chance - 前半のBP+LP交互、CY4ビート中のLP地帯、終盤のタム回しが厄介。
  • Lv5.20 つぐみ - 前半と終盤のBP+LP8分同時踏み、LP絡みのタム回しが厄介。LPの配置的にどう考えても5.20は詐欺である。
  • Lv5.50 Big Wave - HH刻み中のタム(裏)→スネア(表)の移動、タム(HT,LT)のダブルストローク地帯が厄介。
  • Lv5.80 衝動がえがいた どうしようもないストーリー - 中盤のクリーンクリーン(EXP)のようなLP4分+タム地帯、BP+LP交互連打、何度も出現する高速フィル、ラストにのLP交じりの難解なフィルなど総合力が必要な譜面である。
  • Lv6.20 cosmic agenda - KISS ME GOODBYE!と遜色ないHH16ビート+不規則SN&BPであり、近い難度の1/nやRIGHT ON TIMEとは一線を画す難しさ。16ビート以外の部分のノーツが非常に少なくS取得難度も高い。
  • Lv6.50 MARTIAL ARTS - MASTER譜面よりもノートは減っているが、3連交互踏みはほぼそのまま残っており、クリア難度はMASTER譜面と比べても遜色ないくらい難しい。人によってはノートが減った分足のタイミングがMASTER譜面よりも分かりづらいと感じる可能性も。
  • Lv6.60 AREA 51 - 中盤にLP地帯があるが、ハットとバスの役割が混ざっていてリズムが一定ではない。ツーバスもそれなりにありLPが苦手だとやや危険。嘘(Lv7.00)やモナリザ(Lv7.30)と比べても遜色はない。
  • Lv6.70 Jailbreak - とにかくBPMが厳しい。CY地帯はサンデードライバーより速く、3連タム回しもシングル・ダブル使い分けが必要。このレベル表記では詐称。
  • Lv7.00 Victory! - サビ部分のLP4分一定+CY裏打ち+SNゴースト、タム回しの追い越し地帯が厄介。
  • Lv7.60 blue moon - 裏打ちLPを踏みながら複雑なBP、CYを捌く譜面が曲中のほとんどを占める。類似のjoker(EXP:8.00)と比べても、BPMがより速く複雑なため強烈な地雷曲である。
  • Lv7.70 FIFTH GIG TYPE II - TYPE Iを簡略化したような譜面であるが、TYPE Iの譜面からそのまま何ヶ所か引用されており、それ以外にもLv7台にはそぐわない高速タム回しやビーム、複雑なバスが続く。少なくともLv7台ではない。
  • Lv8.30 DAWN - 終盤のNEMESIS地帯〜ブラストビート+dkdk地帯が凶悪。リズムがズレたら最後、あっという間に閉店に至る場合もある。典型的なラスト殺し曲である。
  • Lv9.40 FIFTH GIG -生ドラ譜面。プロのドラマーが叩くようなドラムソロが延々と続く。様々なパターンのフィルを叩かされ、本来はダブルストローク(ドラマニでよく使われているとは別のもの)を駆使して演奏しているため、非常につなぎにくいどころかクリアすら困難を極める。 頻繁にLPの8分刻みが絡み、dkdkも要求される。
  • 逆詐称
    • Lv5.30 Love Rox! - HH4or8ビートの単純な譜面で難しくはない。
  • Lv6.90 MUPPET -最初のHH連打と中盤のLP+BP同時を踏みながらFT刻みをする箇所以外はこれといった難所がなく、同じ譜面の繰り返しが多いので、XG新曲では珍しい稼ぎ。
  • Lv7.30 バタフライ狂想曲 - HHの16分高速連打やFT3連打など癖のある配置があるが他は平易。ばらまき、左足が少なく、素直な譜面が得意な人なら逆詐称に感じられる。
  • Lv7.30 Right on time (Ryu☆Remix) - LPが無く、HHの16分に細かくSDやLC、BPが入る譜面。回復地帯が多く、クリア難度ではLv6後半か。
  • 接続難
    • Lv4.40 アンマー - 3発1セット、12連符(=BPM190の6連符相当)のスネアのフラムが数回ある。反応させにくいのでフルコン狙い時は注意を。また時折LPが出てくるが、曲はゆっくりなので慌てずに。
  • Lv4.80 chAngE - クリア難度では支障ないが、繋ぎではラストのHH→LPの配置によって若干難しくしている。
  • Lv6.90 Illuminati 〜光を求める者たち〜 - クリア難度では紫譜面よりは支障ないが、繋ぎではダブルストローク交じりの高速タム回し地帯によって若干難しくしている。
  • Lv7.00 明鏡止水 - Stop The Fire Mix - タムフィルや交互含む両足絡みの細かい配置が多発。それ以外は通常の刻みなのでクリアは難易度相応だが、繋ぎはこの付近のレベル帯ではトップクラス。
  • Lv9.40 Come Back Alive - リズム難、不規則フィル、リズム難に4分LP刻み(BPM135の8分)が絡まりズレやすく、高速ツーバス、高速シンバル、24分2連バス、24分3連逆タム回し、さらに高速左右連シンバル中にスネアのフラムが混じっており、接続は至難の業。
  • 個人差
    • Lv5.30 君の知らない物語
    • Lv5.55 じょいふる
    • Lv5.90 虹の彼方
      • いずれもLP+BPの同時踏みが多数登場。これが出来ないと閉店の可能性が高い。虹の彼方はサビに他2曲はイントロを中心にLP+BPを捌くことになる。じょいふるは道中もやや変則的なため、より注意が必要。
  • Lv5.40 ダイヤモンドロマンス - P.P.R.(EXP)のようなタム回し地帯が複数回出てくるため、タムが苦手なプレイヤーは注意。
  • Lv5.60 卒業 - 総ノーツ数1196の体力譜面でとにかく最後まで叩けるかどうかがポイントになる。リライトと比較するとBPMは遅いが2連バスのLP振り分けがあるためこれが苦手だと辛い。疲れたところに来る最後のLC連打にも注意。
  • Lv5.80 紫の月 - イントロと中盤にFTの片手刻みがあるため、繋ぎではここが難所。両手を使う余裕はあるので、片手か両手か決めてかかろう。
  • Lv6.30 a:FANTASIA - 曲中の半分はロレッタ(EXP)のようなFT(&SN)+裏拍のBP。裏バスが苦手だと拷問のような譜面。
  • Lv6.80 オアシス - 曲の大半が2ビート+ツーバスの単純譜面だが、ノーツ数がこのレベル帯ではトップクラス(総ノーツ数が1281)。卒業(EXP)と同様、クロスのみだと右腕がバテる危険がある。
  • Lv6.90 BEFORE I DECAY - a:FANTASIAをより変則的に強化したような譜面。特に裏バス地帯のLPの入りが独特なので、リズムを崩されないように。
  • Lv7.30 前髪 - 曲の大半がLPの4分一定踏みが占めるため、LPが出来ないと閉店に至る場合があるので注意。
  • Lv7.40 X-Plan - 最初と最後にTwo Hurt(EXP)のような2ビート+ツーバス譜面がある。道中にも短い交互踏みあり。速さはそれ程ではないので、苦手な人はむしろ踏み過ぎに注意。
  • Lv8.00 I can be!! - 中盤〜後半のLP8分刻み、ラストのBP-LP交互踏みとLPの総合力が求められる。LP8分刻みが出来ないとクリア不能なので注意。
  • Lv9.00 DESTINY - 他のツーバス曲よりツーバス部分が長いが、AメロBメロは大回復地帯。後半のリズム難地帯は細かなツーバス、HH、タム回しが表裏入れ替わり非常にやりづらい。さらに曲が長いので体力切れ要注意。
  • Lv9.60 REALIZE - BPM223のツーバス連踏、Funky Sonic Worldをさらに速くしたような刻みに付いていけるどうかで大きく差が出る。ただでさえ速いが、最後には長い超高速ブラストビートが来るので、体力を残せていないとラス殺しになることもある。

MASTER

  • 個人差
    • Lv7.50 MARTIAL ARTS - 曲の大半が3連交互踏みで占められている。速さはさほどではないが、3連のツーバスはリズムキープしにくく立て直しが難しいため、リズムが苦手な人は要注意。
  • Lv8.90 blue moon - 終始LP裏拍刻み。足も複雑だが、手も複雑なので、LP裏拍が出来ないとかなりきつい。裏拍LP得意なら8.00前半くらい、苦手なら9.00中盤に感じる人も。

GF

  • 今作では、REGULARが4ボタン固定ではなくなっています。数は少ないながらPノーツも出てきますので、Pノーツが使われているかグラフの確認を忘れずに。
    • なお、NOVICEもPレーンが開放されているが、現時点でPレーン使用譜面はない。

NOVICE

  • 詐称
    • Lv1.00 GOLD(GUITAR) - スタンダード最低レベルでありながらノーツが非常に嫌らしい配置のビギナー殺し。1.40くらいか。超詐欺というわけではないがスタンダード最低レベルかつ初期カーソルに合わせてるため初心者要注意。
  • Lv2.70 夢について TYPE C(BASS) - 終始BPM296の4分刻み(ラストだけ8分)。休憩地帯がなくそこそこノーツもある点からGUITARと同レベルとは到底言えない。
  • Lv3.50 SIX DIMENSION(GUITAR) - 中盤〜最後まで延々と階段譜面だけが続く譜面。休みどころが全くなく、このレベルにギリギリ達するような人は追いつけなくなり尽きてしまう可能性が高い。このレベルにしては個人差が非常に大きいが、階段譜面の時間が長いことを考えると詐称だろう。
  • Lv3.90 幻想雷神記(GUITAR) - オルタ中心の譜面。2連、3連が組み合わさっているだけでなく、切り替えオルタではリセットorアップ始動必須の箇所が複数あり技術的に高度なため、このレベルでは低すぎる。Lv4前半〜中盤ぐらいが妥当か。
  • 逆詐称
    • Lv4.30 Right on time (Ryu☆Remix)(GUITAR) - 序盤&ラストにある原曲でもおなじみのメロディがやや弾きにくいが、基本的にはずっと8分以下を弾き続ける単調譜面。レベルの割に厳しい運指も無く、クリアはLv3行くか行かないか程度である。Pレーンを使わない分人によっては赤Bより簡単かもしれない。
  • 個人差
    • Lv2.00 MARTIAL ARTS(GUITAR/BASS) - 両譜面ともYの比率が高く、Bとの交互運指も多い。全編通して4分なので4ボタン練習に適している。なおBASSにはG+Yが1か所ある。
  • Lv3.50 SIX DIMENSION(BASS) - こちらもGUITAR同様中盤以後、階段を中心とした譜面が延々続くためリズムが合わなくなると立て直しが難しく注意が必要。GUITARに比べると区切りがあるため、アンコール・解禁狙いならBASSの方がよいだろう。
  • Lv4.00 ゲームより愛を込めて(GUITAR) - V8のBASIC譜面と違い、12分や16分が全くなくなっている。クリア自体はSIX DIMENSIONの青G/B(Lv3.50)と同程度で逆詐欺気味だが、こちらは「階段運指が少ない代わりに長く速い連弾が多め」といった感じ。スタミナ配分をしっかりできる人にとっては稼ぎの部類だろうが、できない人にとっては妥当以上に感じるかもしれない。
  • Lv4.30 Chinese Snowy Dance(GUITAR) - BとYが絡むことが多く、人差し指を動かすことorスライドが苦手ならば苦戦する。ただしダウンで処理可能なので、スライドに慣れている人なら接続は比較的容易。密度と曲の長さを考えると詐欺気味か。
  • Lv5.20/4.20 EXCELSIOR DIVE(GUITAR/BASS) - どちらも変化の少ない運指譜面。GBYポジションの方が楽かも。

REGULAR

  • 詐称
    • Lv2.80/2.20 ポニーテールとシュシュ(GUITAR/BASS) - どちらも終始8分で、赤譜面とそこまで大きな差はない。難易度の割にPノーツがあるため、初心者は要注意。
  • Lv3.50 GOLD(BASS) - 終始8分譜面だが、サビ以降のPノーツが続く場所付近が特に単純な譜面でなく、狙っているかのようにゲージが削られるため、初見殺しになりやすい。Lv4前後か。
  • Lv3.70/4.00 cosmic agenda(GUITAR/BASS) - 両パートともPがY+P等の形で複雑に絡む上、その数もこのレベル帯にしては比較的多い。そのため、同レベル帯のEXP譜面に比べても高度なスライド技術を必要とする。また特にBASSパートでは1ピッキングごとに押さえる指が変わり、左右に振らされるために同レベル帯の曲に比べても技術的にも高度。曲が若干長く、休む場所がないだけでなく途中にロングノーツやワイリングがないため回復が見込めない。運指が苦手な人は注意。
  • Lv3.80 夢について TYPE C(GUITAR) - 全体的にオルタ譜面で、バリエーションが多くLv3後半とは考えにくい。Lv4前半レベル。
  • Lv3.90 Illuminati 〜光を求める者たち〜(GUITAR) - 全体的にオルタ譜面だが、レベル不相応な運指オルタがあったり、このレベルにしてPが厄介な所に挟まっているなど総合力が要求され、所々で削られるために達成率が稼げない。
  • Lv3.90 MARTIAL ARTS(BASS) - 全体的にオルタ譜面でGUITARパートよりは数が少ないが長い3連譜オルタも出てくる。どう考えても詐称で、実質GUITARパート(Lv5.30)と難易度は大差がない。
  • Lv4.00 Victory!(GUITAR) - 全体的に運指中心でその多くがRからYまでを使う階段・R→B→R→Bの交互運指で占められているため、慣れていないと苦しい。ちなみにPが序盤1箇所にある(クリアにはほぼ支障ないと思われる)。レベル4.3〜4.5程度。
  • Lv4.20 Spiral Wind(GUITAR) - 前半を中心に少々密度が高い階段譜面が多い。後半には高速4連オルタが出てくる上、後ろになると同じ速度で3-1型のオルタとなり、どう考えてもレベル不相応。Lv4中盤レベル。
  • Lv4.50 贈る言葉(GUITAR) - 全体的に高速2連オルタが続く上、最後にもオルタ滝がある。2連を見極められるかどうかが勝負の分かれ目。Lv4後半レベル。ちなみにこの曲にもPが数箇所ある(クリアにはあまり支障はない)。
  • Lv5.80 FIFTH GIG(GUITAR) - 序盤からキツめの運指、中盤から高速オルタ、そしてこのレベル帯ではありえないかなり速めのノコギリ譜面(RとRG交互など)などなど終始5台とは思えない譜面が続く。最低でも6台後半はある。
  • Lv6.30 no way...(GUITAR) - 赤Gとの差があまり変わらず、Lv6台にあるまじき偶数・奇数区切り高速滝(16分地帯はBPM205、3連符地帯はBPM154に相当)のオンパレード。Lv7中盤くらいがクリアできる実力は欲しい
  • Lv6.50 BEFORE I DECAY(GUITAR) - 全体的に忙しい運指が多く回復地帯もない。運指オルタが出来ないとクリアは困難と思われる。レベル7.30が妥当か。
  • 逆詐称
    • Lv5.30 AREA 51(GUITAR) - 全体的な密度はそれなりにあるが、16分以上の配置はなく全てダウンで対処可能。これといって複雑な運指も要求されない。Lv4前後のBASS譜面によくある8分直線譜面などと比べても大きい差はない。
  • Lv5.65 SIX DIMENSION(BASS) - 基本的にNOVICEから休みどころを抜いて階段を強化し、3連を挟み込んだ形になっているため個人差は大きい。しかし、水Gができれば基本的にクリアに問題はなく、それほど難しくはないと思われる。GUITARよりはこちらの方が簡単だと思われる。
  • 個人差
  • Lv3.20/3.10 虹の彼方(GUITAR/BASS) - どちらのパートも終始8分譜面。難易度の割にPノーツが固まって出てくるため、5レーン譜面が不慣れな人は後でやったほうが無難。Pノーツに対応出来れば接続は容易。
  • Lv3.50 Illuminati 〜光を求める者たち〜(BASS) - 密度はそれなりだが、若干交互連打が多めであることと中盤に直線高速オルタがあることに注意。高速ができればENCORE召喚には最適な曲。
  • Lv5.20 Right on time (Ryu☆Remix)(GUITAR) - 中盤の2連発狂ゾーンを乗り越えられるかどうかがクリアの鍵を握る。全体的に2連オルタが中心ながらこのレベルにしては密度がそれほどない。しかし、2連発狂があるため接続難度はこの難度表記では若干低い。
  • Lv5.30 DESTINY(GUITAR) - 16分がほぼ全てなくなっているが、R〜Yまでの単色運指が満遍なく流れてくる。Yまでの運指の出来次第で体感難度は大きく変わる。
  • Lv5.80 百鬼夜行(GUITAR) - 運指は全くきつくないが、ピッキング面はREGでも凶悪。Aメロで16分の間に繰り返し入ってくる24分やサビでの16分12分の入り乱れは苦手な人ならあっさり沈みかねない。速さが苦にならないならDAWNの方がクリアは楽という人もいそう。
  • Lv6.40/6.30 DAWN(GUITAR/BASS) - とにかく偶数切り替えのオルタ曲。譜面的には偶数オルタが得意であればレベルの割にやりやすい譜面。但し、曲に進むにつれてBPMも速く、特にギターパートはオルタが得意でもスライド技術が速度に着いてこなければ終始グダグダになり閉店もある。
  • 接続難
    • Lv5.90 ゲームより愛を込めて(BASS) - クリア難度では8分の所がメインなので支障はない。但し、繋ぎではイントロと中盤のスライド+3つ区切りの3連符によって難しくしている。

EXPERT

  • 詐称
    • Lv3.30 アンマー(BASS) - XG2新曲のEXPERTでレベルが低い譜面であるが、裁き(BASS)のような2連がある点、Y+Pの絡みがある点で明らかにクリア難度、繋ぎ難度とも高いので詐欺。最低でもLv3後半はある。
  • Lv3.80 ヴィーナスとジーザス(GUITAR) - Pの比率が高い上、G+Yも複数箇所出てくる。おまけに中盤では局所的に難しい狭い階段も出てくるため、明らかに接続難度が高く達成率が稼げない。ロングノーツが多いため、多くの人はクリアに支障はないと思われるが、そのロングノーツが2色運指だったりするため、このレベルにギリギリ達するような人や5ボタンに慣れない人がすると危険。Lv4後半〜Lv5前半レベル。
  • Lv3.90 ヴィーナスとジーザス(BASS) - Pノーツの比率がGUITARよりは少ないが、間奏部分のCaptivAte〜裁き〜(BASS)のような譜面が流れてくるため、このレベル表記ではやや詐称。Lv4前半はある。
  • Lv4.00 虹の彼方(BASS) - サビ部分に1小節ごとにR→B〜G→Y〜B→P〜Y→OPENを繰り返す8分の軸運指が流れてくる。Pの比率はギターより低いが、危険度はやや高い。このレベル表記では詐称でLv4中盤はある。
  • Lv4.20 虹の彼方(GUITAR) - イントロ・サビ前・アウトロの3カ所にOPEN×2→P×2を繰り返す長めの16分オルタが出てくる。Pの比率も高く危険度が高い。Lv4.20は明らかに詐欺でLv5中盤はあると思われる。
  • Lv4.40 CROSSOVER(GUITAR) - bpm208の8分刻みメインなのでピッキングが難しく、かといって指も簡単ではなく、R+G+B→G+Yなど3色同時押しがイヤらしく絡んでくる。 Lv5台は確実。
  • Lv4.40 つぐみ(GUITAR) - 殆ど単色(サビ前にB+Pの同時押しが来るのみ)だが、全体的に運指が忙しい。B→G→Rといった16分階段も時にはP→Gまで。他の4.40の譜面と比べても難易度は高い。4.00〜5.00が安定している人は注意を。5前半だが運指が苦手なら5.50以上に感じるかも。
  • Lv5.20 バタフライ狂想曲(BASS)-R+GからB2つを挟んでのY+PやPからRへの直接の移動など珍しいパターンがある。しかも間隔が8分のためLv7台くらいのスライド技術が要求される。接続難なだけでなくレベル適正だと崩れて閉店を招くことも。クリアは5.5程度、繋ぎは6台乗らないくらい。
  • Lv6.00 I can be!!(GUITAR) - 数・速度の入り混じったオルタでコンボを切りやすく、サビ後の歯抜けノコギリ→単色交互でゲージをごっそり持って行かれかねない。Lv6後半クラス。
  • Lv6.00 夢について TYPE C(BASS) - R→G→B→YPのオルタ(BPM148の16分に相当)をしながらのスライドが難しい上、押さえ間違いを起こしやすい。このレベル表記では詐称で、Lv6中盤はある。
  • Lv6.10 前髪(GUITAR) - 後半の偶数・奇数混ざったオルタが弾きにくく、閉店まで削られる恐れがある。またサビ前の3連符階段がR〜Pでスライド必須。6中〜後半はある。
  • Lv6.25 Spiral Wind(GUITAR) - 4色運指階段、高速オルタがとにかく頻発しており、明らかにLv6台の範疇を越えている譜面。
  • Lv6.70 明鏡止水-Stop The Fire Mix(GUITAR)
  • Lv6.90 REALIZE(GUITAR)
  • Lv6.90 百鬼夜行(GUITAR)
    • 共通点はLv6台にあるまじき運指オルタ・高速オルタのオンパレード。
  • Lv7.00 no way...(GUITAR) - Lv7台にあるまじき偶数・奇数区切り高速滝(16分地帯はBPM205、3連符地帯はBPM154に相当)のオンパレード。
  • Lv7.70 FIFTH GIG(GUITAR)
  • Lv7.50 FIFTH GIG TYPE II(GUITAR)
    • over thereのような運指オルタが最初から最後まで襲いかかって来る。BASS譜面も同じような譜面ということを考えると、7.70は明らかな詐称。Lv9台でもおかしくない。
  • Lv8.40 DAWN(GUITAR) - 終盤の高速滝の運指が非常に激しい。単色交互、ノコギリによって一気に閉店することも。典型的なラスト殺しであり、少なくてもLv9.00はある。
  • 逆詐称
    • Lv3.80 Right on time (Ryu☆Remix)(BASS) - 1箇所の短いオルタ地帯を除いて延々裏4分のリズムを弾き続ける超歯抜け譜面。代わりに各色ノーツが満遍なく出てくるが、前述のように密度が低いので(この曲を解禁できるほどポイントを溜めた人にそのレベルがいるかはさて置き)PやOPEN入り譜面に慣れる練習に最適。
  • Lv4.85 Victory!(BASS) - 終始8分でダウンで処理可能。譜面が比較的素直でOPENやPノーツも出てこないため、クリア難度ではLv4.50前後、繋ぎ難度では妥当。
  • Lv5.55 HIT IN THE USA(BASS) - 終始フルダウンで処理可能。難所という難所も特に見当たらないため、人によっては赤Gよりも簡単だと感じる人も。
  • Lv5.60 Love Rox!(BASS) - 終始8分でダウンで処理可能。スライド地帯も比較的やり易い。クリア難度ではLv5前半、繋ぎ難度では妥当。
  • Lv5.70 AREA 51(BASS) - ニギニギ中心の譜面だが、ダウンで処理可能。所々に3連があるが、譜面が素直でPも序盤以外出てこないため、このレベル帯をやる人なら接続もそれほど難しくない。Lv5前半か。
  • Lv5.70 優勢オーバードーズ (GUITAR) -クリア難易度としては8分直線メインなので逆詐称。但し接続では中盤にopen混じりの2-2-1のオルタが降ってくるため、そこでコンボが切れやすい。クリアはLv5前半クラス、繋ぎは妥当〜Lv6あるかないか。
  • Lv5.80 贈る言葉(BASS) - PもOPENノーツも出てこない。1-2-2のリズムが延々と続くがダウンでも処理可能な速さ。イントロの8連オルタ以外切りどころがないのでそこさえ気をつければフルコンは容易。Lv5前半クラス。
  • Lv5.90 オアシス(BASS) - 終始ほぼ8分でダウンで処理可能。2つ同時押しが主体でスライド地帯も比較的やり易い。クリア難度ではLv5中盤、繋ぎ難度では妥当。
  • Lv5.90 前髪(BASS) - Pボタンはそこそこ使うが密度がこのレベルにしては若干低く、スライドもそれほど難しくない。歌い終わりまでは単色8分ばかりでフルダウンでも余裕。アウトロの3連は全て同色なので弾く場所さえ覚えれば怖くない。何カ所かに出てくるR→P等のスライド箇所を頭に入れればフルコンは十分視野に入る。Lv5前半程度か。
  • Lv5.60/5.90 Lepton(GUITAR/BASS) - ほぼ全てBPM202の8分。10,000,000,000が205なのであれについていけるかで判断するといい。運指はこのレベル帯ができるなら楽勝、BASSだとたまに3連が入るがそれ以外特に難しい場所はない。同レベルのオアシスと比べても明らかに簡単。
  • Lv6.15 Sacred Oath (GFDM EDITION)(BASS) - 終始8分+OPENノーツ未使用で、フルダウンで処理可能。単色の軸運指、スライド(後半)が得意であれば、簡単に稼げる。クリア難度ではLv5後半、繋ぎ難度では妥当。
  • Lv6.25 衝動がえがいた どうしようもないストーリー(BASS) - 終始8分+OPENノーツ未使用で、ダウンで処理可能。スライド地帯も比較的やりやすい。クリア難度ではLv5後半、繋ぎ難度では妥当。
  • Lv6.30 ダイヤモンドロマンス(GUITAR) - 譜面イメージはこたつとみかん赤、クリーンクリーン赤のような感じの運指曲。ノコギリ、ニギニギ運指等が得意であれば達成率も簡単に稼げ、そしてロングノーツが多いためクリアはしやすい。ただ接続面ではそれらの2曲とは違いPの割合がそこそこ高く、R+B→G+Yの8分が複数あることに注意。Lv5中盤程度だと思われる。
  • Lv7.50 Chinese Snowy Dance(BASS) - 繰り返しが多く、スライドするポイントも分かりやすい。同じレベルのGUITAR譜面と比べると明らかに簡単。7台乗るかどうか。ただし階段運指に3連(2-1型オルタ)を繰り返すフレーズが4レーンにまたがっているため、このレベルに挑戦する人は動くだろうが、小指が動かないとかなりつらい。
  • 接続難
  • Lv5.90 no way...(BASS) - 道中は8分が多いものの、後半のR→OPEN×2→Bの3連符(16分換算でBPM154に相当)が1箇所流れてくるため、そこでコンボが切れやすい。
  • Lv6.15 Spiral Wind(BASS) - 回復地帯は多めなものの、4色階段が頻発し、高速オルタ、高速3色階段も襲いかかってくるため、Lv6台前半にしては接続は非常に困難。
  • Lv6.30 Illuminati 〜光を求める者たち〜(BASS) - 中盤に短い6連符の高速滝(16分換算でBPM195)が流れてくるため、そこでコンボが切れやすい。
  • Lv6.50 夢について TYPE C(GUITAR) - 終始オルタ譜面だが最後に超高速滝(16分換算でBPM222)が流れてくる。ズレると閉店の危険もある。
  • Lv6.50 X-Plan(GUITAR) - 途中、over there並みの高速オルタが2小節あるため、そこでコンボが切れる可能性が極めて高い。油断すると閉店する可能性もあるので注意。
  • Lv6.55 Big Wave(BASS) - クリア難度ではLove☆Carnival(赤B)よりは若干易しい。但し、所々に癖の強い軸運指、階段運指(どちらも小指使用を含む)が流れてくるため、そこでコンボが切れやすい。
  • Lv6.60 Come Back Alive(BASS) - 後半の偶数・奇数区切りの高速滝(16分地帯はDriven Shooter越えのBPM270 / 3連符地帯は16分換算でBPM202.5)が流れてくるため、そこでコンボが非常に切れやすい。油断すると閉店する可能性もあるので要注意。
  • Lv6.80 黒髪乱れし修羅となりて(BASS) - R+G→G+B→B→Y→Y+P→Yの5色オルタがOPEN無しに襲いかかってくるため、高速スライド能力が要求される。その他にも全体的に運指が複雑なため、接続は非常に難しい。
  • Lv7.00 blue moon(BASS) - イントロ〜終盤手前は8分の軸運指と16分3連がメイン。終盤に3個区切りのリセット地帯が流れてくるため、繋ぎ難度では若干難しくしている。
  • Lv7.40 SIX DIMENSION(BASS) - イントロとアウトロにDriven Shooter並みの高速滝が偶数区切りで流れてくるため、そこでコンボが切れやすい。
  • Lv7.85 DAWN(BASS) - イントロとサビに16分の軸運指があるため、そこでコンボが切れやすい。
  • 個人差
    • Lv4.10 ポニーテールとシュシュ(BASS)
    • Lv4.70 chAngE(BASS)
    • Lv4.80 chAngE(GUITAR)
    • Lv4.80 君の知らない物語(BASS)
    • Lv5.10 MUPPET(BASS)
      • いずれも終始8分+OPENノーツ未使用の5レーン譜面で、スライドが出来ないと閉店の可能性が高い。
      • ポニーテールとシュシュ(BASS)はBメロ前半、サビ中盤、アウトロ部分の3往復(小指使用を含む)流れてくる。
      • chAngE(BASS)はBメロ前半、サビ後半(P+ロングノーツ→R)の2往復(同上)流れてくる
      • chAngE(GUITAR)は前半の間奏部分、Bメロ〜サビの歌い終わり(どちらもGボタン=人差し指)の2往復(同上)流れてくる。
      • 君の知らない物語(BASS)はBメロ後半、サビ後半の2往復(同上)流れてくる。
      • MUPPET(BASS)はイントロ部分、メロ部分(Gボタン=人差し指)、アウトロ部分の3往復(同上)流れてくる。
  • Lv4.80 卒業(BASS)
  • Lv5.10 サヨナラナミダ(BASS)
  • Lv5.60 The 勇気(BASS)
    • 非常に横に広い譜面。いずれもスライド慣れ必須。
    • 卒業(BASS)はB→PやG→Pへの直接移動がある。
    • サヨナラナミダ(BASS)はP→R(4分)への直接移動が何回かある。
    • The 勇気(BASS)はY+P→R+G(8分)への直接移動がある。
  • Lv5.10 じょいふる(BASS) - 終始ほぼ8分だが、R+BやR+GからOPENを挟んでの(Y+)Pへの移動、階段運指が得意かそうでないかによって分かれる。
  • Lv5.20 たからもの(GUITAR) - 道中はLv4後半レベルだが、歌詞が終わってからの運指がかなりゴチャゴチャしている。同LvのBASS譜面と比べてもかなりコンボ切りの譜面なので、人によってはBASS譜面の方が達成率等稼げるかも。
  • Lv5.30 MARTIAL ARTS(BASS) - 曲を通して3連オルタで所々に3個区切りがある。譜面は非常に素直なため3連符の安定度次第。
  • Lv5.90 ダイヤモンドロマンス(BASS) - 所々に全てのレーンに8分の階段(R→G→B→Y→Pなど)が流れてくるため、スライド慣れ必須。
  • Lv6.00 贈る言葉(GUITAR) - メインフレーズは2連の繰り返し、サビ前は1色⇒1色⇒2色の3連の繰り返し。2連3連の得意不得意でだいぶ印象の変わる曲。
  • Lv6.50 The 勇気(GUITAR) - 基本は8分1色or2色弾きだが、R+B→R+G→B+GやR+G→G+B→B+Y(やその逆パターン)といったような運指が途中何回か出てくるので、そこで得意・不得意が分かれるか。クリアには支障ない程度だが、苦手であれば達成率が稼げない。
  • Lv6.65 blue moon(GUITAR) - 前半は直線オルタ、中盤は5レーンに渡っての単発&2回4回区切りのオルタとレベル相応だが、最後に3-1オルタ、3-3-1オルタ、レーンを跨いだ2連オルタなどが一気にやってくる。ここだけはかなりスライド能力を要求されるので要注意。
  • Lv6.70 a:FANTASIA(BASS) - OPENノーツは未使用だが、所々に4ボタン階段が流れてくる。ただしほぼ全て単色でPボタンはかなり少なめ。ロレッタやNo way One for willのBASSが得意なら苦戦はしないはず。階段譜面の得意不得意が出る。
  • Lv6.80 cosmic agenda(BASS) - 全体的に16分の短い階段運指がメイン。そのため、階段譜面の得意不得意が出る。ちなみに、これよりレベルが低いGUITARができないがBASSならなんとか耐えられる人もいるかも。
  • Lv7.30/7.00 DESTINY(GUITAR/BASS) - とにかく偶数切り替えのオルタ曲。譜面的には後半の入りが4連や単発、裏リズムなどが入り乱れ難しいが、全体的に偶数オルタが得意であればレベルの割にやりやすい譜面。ただしBPMが速く、横に広い譜面であるため、素早いスライド技術が必要。XG慣れ出来ているかどうかが勝負。
  • Lv7.30 BEFORE I DECAY(BASS) - イントロと間奏部分に短い階段運指や軸運指が流れてくるため、得意不得意の差が出やすい。
  • Lv7.50 Chinese Snowy Dance(GUITAR) - 全体的にシンプルな譜面だが横移動が多く、スライド技術を要求される。またBPMが速いので、この速度についてこれるかが鍵。2連オルタ、3連オルタなど前作で安定してできるようになっていれば問題ない。レベル7.50にしては比較的容易な方である。
  • Lv7.80 風/雷(BASS) - 全体的に短い16分の階段運指や軸運指(単色→2色)がメイン。リズムがやや取りづらく、軸運指が出来ないと厳しい。しかし軸運指ができ、リズムも取れるなら一転して稼ぎとなる。
  • Lv8.10 ゲームより愛を込めて(GUITAR) - とにかく偶数切り替えのオルタ曲。譜面的にはイントロと中盤の3連符地帯以外、全体的に偶数オルタが得意であればレベルの割にやりやすい譜面。但し横に広い譜面であるため、スライド技術、持久力が必要。
  • Lv9.20 Bangin' Breaks(BASS) - You've Got 2 Get Me(赤B)の強化譜面で、終始16分の階段運指が占めるため、苦手な人はいきなり閉店に至る場合があるので注意。人によってはSRAで崩すことはできなくはない。

MASTER

  • 詐称
    • Lv7.20 Illuminati 〜光を求める者たち〜(GUITAR) - 中盤〜後半の奇数区切りの高速滝が厄介でゲージがごっそり持って行かれ、閉店に至る可能性がある。
  • 個人差
    • Lv9.25 EXCELSIOR DIVE(BASS) - イントロ〜メロ前半とアウトロに16分の階段運指(小指使用も含む)が流れるため、苦手な人はいきなり閉店に至る場合があるので要注意。人によってはSRAで崩すことはできなくはない。
  • Lv9.30 Chinese Snowy Dance(GUITAR) -EXPERT譜面の2連部分が所々階段になっている。曲の速さも伴って非常に繋ぎづらい。さらにEXPERT譜面にある中盤の2連オルタスライド地帯が完全に階段となり猛威を振るう。しかしLV9.30にしては局所難なので取れるところをキッチリ取っていける実力があればクリアは出来る。達成率も稼げるかもしれない。
  • 接続難
    • Lv8.00 SIX DIMENSION(BASS) - イントロとアウトロにDriven Shooter並みの高速滝がEXP・BASSとは異なり、奇数区切りで流れてくるため、コンボが切れる可能性が非常に高い。

Last-modified: 2012-02-12 (日) 07:03:35
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)