beatmania IIDX 過去作品

  • 個別のページがない作品についてはポータルサイトより公式ページを参照
  • 他e-AMUSEMENT Participation機種と違い、DVD(海外ではUSBメモリ)でのアップデートが必要なためtricoro以降の作品でもオフライン稼働している店舗が少数であるが存在する。その場合、隠し要素は全て未解禁状態となる。
  • DJT〜Lincleまではオフライン稼働する場合beat#1固定、GOLD以前は全解禁状態の維持が可能。
  • tricoro〜SINOBUZまでは無償でバージョンアップが行われたが、CANNON BALLERSでは内部基板等の交換が発生するため有償バージョンアップとなり、導入を見送りSINOBUZのまま稼働している店舗も存在する。

beatmaniaIIDX 24 SINOBUZ

公式サイト他

コンテンツ

beatmaniaIIDX 23 copula

公式サイト他

コンテンツ

beatmaniaIIDX 22 PENDUAL

公式サイト他

コンテンツ

beatmaniaIIDX 21 SPADA

公式サイト他

コンテンツ

beatmaniaIIDX 20 tricoro

公式サイト他

コンテンツ

beatmaniaIIDX 19 Lincle

公式サイト他

コンテンツ

beatmaniaIIDX 18 Resort Anthem

公式サイト他

コンテンツ

beatmaniaIIDX 17 SIRIUS

公式サイト他

コンテンツ

beatmaniaIIDX 16 EMPRESS

公式サイト他

コンテンツ

beatmaniaIIDX 15 DJ TROOPERS

公式サイト他

コンテンツ

beatmaniaIIDX 14 GOLD

公式サイト他

コンテンツ

beatmaniaIIDX 13 DistorteD

公式サイト他

コンテンツ

beatmaniaIIDX 12 HAPPY SKY

公式サイト他

コンテンツ

beatmaniaIIDX 11 IIDXRED

公式サイト他

コンテンツ

beatmaniaIIDX 10th style

公式サイト他

コンテンツ

『BEMANI SONGS 〜Best of beatmania IIDX〜』

  • 楽曲リスト(放映順)
    楽曲アーティストVer.
    ABSOLUTEdj TAKA4th
    GOLD RUSHDJ YOSHITAKA-G feat.Michael a la modeGOLD
    Second HeavenRyu☆GOLD
    smooooch・∀・kors kEMPRESS
    Fly AboveSota FujimoriEMPRESS
    恋する☆宇宙戦争っ!!PrimLincle
    Element of SPADA猫叉Master feat.霜月はるかSPADA

筐体の世代によるプレー感覚の差について

  • 鍵盤やスクラッチの反応における、筐体世代間の格差について
    • 鍵盤の反応にブレがあったりスクラッチの遅延や反応漏れが起きる場合があるが、この原因の1つとして筐体の世代間でのハードウェア性能差が挙げられるため、以下ではそれについて述べる。
    • 参考記事1 参考記事2
    • 筐体の世代については、24 SINOBUZまでは起動シーケンスにおける「FPGA DEVICE」の項目によって識別可能だった。
      • 初代筐体 - 9thまでの物(9th新規、もしくは8th以前からのPCB更新)、FPGA DEVICEは「C02」と表示される
        この筐体のみ、スクラッチ及びオペレーター関連のボタンがサブI/O基板経由での接続となっている
      • 旧筐体 - 10th〜Distortedまでの新規筐体、FPGA DEVICEは「D01」
        この筐体以降はスクラッチもメインのI/O基板に接続されており、サブI/O基板は16セグメントLEDや照明関連でのみ使用されている。
      • 新筐体 - GOLD以降の新規筐体、FPGA DEVICEは「PASS」
    • 基本的な原因は、筐体の世代によるI/O関連パーツの性能差である。
      • 鍵盤についても、SINOBUZまではI/O基板の性能差に起因するブレが存在していた。
        CANNON BALLERSではI/O基板も更新されたため、この部分における筐体世代間のブレは解消された。
      • スクラッチはCANNON BALLERSにおいても初代筐体のみサブI/O基板経由となっているため、初代筐体に限り遅延や反応漏れが引き続き発生している
        なお旧筐体においてもスクラッチのセンサー自体の性能からくる遅延は確認されている。

Last-modified: 2018-02-17 (土) 11:36:16
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)